わきが治療はレーザーで簡単に出来ます|臭わない毎日

不快な臭い

脇を触る女性

わきがで悩んでいる方は少なくありません。しかし、治療をしている方は、少ないのです。わきが治療でクリニックへ行きにくい、治療が怖いなどの理由がありますが、悩みを解消して自信を持つことはとても大切なことです。

View Detail

体臭が気になるなら

腕を上げる人

わきがの臭いは独特です。しかし、治療をしますと治りますのであまり考えて悩まないようにしましょう。クリニックを探して受診してみることが良いです。ネットを利用して探してみましょう。わきがは、治療すると治ります。

View Detail

レーザーでわきが解消

レーザー治療

毛穴の中のアポクリン腺

昨今の美容外科では、レーザーを使ったわきが治療がおこなわれるようになってきています。美容外科では、レーザーを使った脱毛もおこなわれていますが、わきが治療も同じ原理となっています。レーザー脱毛は、毛穴にレーザーを照射することで、その中に存在する発毛組織を熱で弱らせるというものです。そして毛穴の中には、発毛組織だけでなく、アポクリン腺という、わきがの原因となる汗を分泌する汗腺もあります。そのため毛穴にレーザーを照射すると、このアポクリン腺も弱り、汗を分泌しにくくなるのです。もちろん、一緒に存在している発毛組織も弱ることになります。つまりレーザーを使ったわきが治療を受ければ、わきがの解消と、わきのムダ毛の除去という、2種類の効果を得ることができるわけです。

アポクリン腺に直接照射

レーザーによるわきが治療は、現在はさらに高度な方法でおこなわれるようになってきています。具体的には、毛穴の中に専用のファイバーを挿入し、内部に直接レーザーを照射するという方法です。肌の上からレーザーを照射する場合と異なり、ピンポイントでアポクリン腺に高熱を与えることが可能です。つまり他の部分に熱が与えられないので、火傷や肌荒れなどのリスクが少なくて済むということです。また、至近距離から照射することで、一層高い効果が期待できるようになります。弱ったアポクリン腺は、ある程度の年月を経ることで回復し、再び汗を分泌するようになります。しかししっかりと弱らせておけば、その分だけ回復に時間がかかり、わきがの発生しない期間が長くなるのです。こういったメリットから、レーザーによるわきが治療の需要は、ますます高まってきています。

体臭を予防しよう

わきの治療

わきがは体調によって変わります。基本的には風呂上りにデオドラント剤を塗り、次の朝ほのかに臭うようであればまた塗ると良いです。わきがは食生活でも大きく影響し、日本は今以上に野菜中心の和食から肉中心の洋食へシフトしていき、それに伴いわきが対策が必要になるニーズも増えると予想されます。

View Detail